児童福祉の架け橋

愛知県の児童福祉施設ポータルサイト

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  1. ホーム
  2. 児童福祉施設一覧
  3. NPO法人fun life(くらちゃんハウス)

ファミリーホーム  定員:6人

NPO法人

NPO法人fun life(くらちゃんハウス)

くらちゃんハウス様ロゴ
住所
愛知県東海市
TEL
非公開
FAX
非公開
HP
なし
設立
2013/04/01
最寄りの交通機関
名鉄太田川駅から徒歩15分
児童構成(平成30年4月1日現在 一時保護は含まない)
現員
就学前児童 0 0 0
小学生 1 2 3
中学生 1 0 1
高校生 2 0 2
その他 0 0 0
合計 4 2 6

ファミリーホームの顔

DSC02059_001

私たち夫婦は、平成25年4月施設職員の経験を資格要件に、中日青葉学園より独立して、小規模住居型児童養育事業(通称:ファミリーホーム)を開設しました。平成27年7月には、特定非営利活動法人 fun lifeと称し法人化。社会的な信用を得ること、地域貢献を目指し事業拡大をしました。ファミリーホームのほかに、ショートステイを東海市と提携して行っています。平成30年4月現在6人の委託児童と、平成29年8月に誕生した実子含め、9人家族(猫3匹も健在)で毎日を楽しく過ごしています。生活と仕事を両立したライフワークであるファミリーホーム。ライフワークには、「生きがい」という意味もあります。くらちゃんハウスで生活しているすべての子が「生きがい」を見つけ、そこが居場所になれるように願っています。

ファミリーホームの概要

koudansu_002

ファミリーホームとは、施設とはちがって地域にあるお家で、そこに住む家族といっしょに生活をし、自立を目指すところです。最大6人の子どもたちがファミリーホームで生活をし、共同生活を送ります。施設の生活とは違い、家庭体験を中心に、そこの家族とのお付き合いを大事にしながら生活をしていくことになります。倉橋夫婦のおうちで、倉橋夫婦と一緒に生活しながら、みなさんの”今の生活、明るい未来”を考えていく、大切な場所です。ある子にとっては、この場所が自立のための勉強の場であったり、ある子にとっては自分にとってセカンドハウスだったり、ある子にとってはおうちのかわりとなります。くらちゃんハウスでは、概ね18才までの子が6人まで生活できるようになっています。家庭生活を通してみなさんとともに成長し、「今の幸せ、未来の幸せを感じられる生活を…」そんな想いがこもった場所です。

わが家の自慢

KIMG1109_003

先にも書きましたが、平成29年8月、実子こころが生まれました。わが家のアイドルこころに、子どもも私たち夫婦も癒されています。当初血のつながっていない委託の子どもたちが、こころの誕生に対しどのような感情を抱くか、不安もありました。しかし、思った以上にお兄さん「風」、お姉さん「風」を吹かせる子どもたち。赤ちゃんが生まれ、大切に育てられる姿を目の当たりにしている子どもたちが、「僕も、私も生まれた時は大切にされていた」という気持ちを伝えてくれました。ファミリーホームをはじめて5年たち、一番初めに来た子はもう高校3年生。一番下の子も小学校に入学。家族としての関わりが日々子どもたちと養育者である我々、そしてこころを成長させてくれています。毎日は忙しくにぎやかなファミリーホーム。わが家の自慢はドタバタだけど…毎日に感動を感じられること、幸せを感じられることです。