児童福祉の架け橋

愛知県の児童福祉施設ポータルサイト

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  1. ホーム
  2. 児童福祉施設一覧
  3. 名古屋文化キンダーホルト

児童福祉施設  定員:45人

社会福祉法人 名古屋文化福祉会

名古屋文化キンダーホルト

kinder000_2017
住所
〒480-1103 愛知県長久手市岩作琵琶ヶ池50-1
TEL
0561-62-4728
FAX
0561-62-4736
HP
http://www.kpweb.jp/kinder/
設立
1985/04/01
最寄りの交通機関
地下鉄藤ヶ丘駅から東部丘陵線『リニモ』に乗り換え芸大通駅下車後北に徒歩7分
児童構成(平成30年4月1日現在 一時保護は含まない)
現員
就学前児童 4 5 9
小学生 7 9 16
中学生 5 5 10
高校生 6 2 8
その他 1 1 2
合計 23 22 45
職員構成(平成30年4月1日現在) ( )非常勤
職名 現員 職名 現員
施設長 1 小規模G職員 0
事務員 1 地域小規模職員 5
児童指導員 5 特別指導員 0
保育士 5 指導員特別 0
基幹的職員 1 栄養士 1
家庭支援専門員 1 調理員等 4
里親支援専門員 0 嘱託医 1
個別対応職員 1 看護師 0
心理療法担当職員 1 その他(非常勤等) 4
合計 31
施設形態
本館 大舎制
地域小規模、小規模グループホーム
地域小規模児童養護施設「フォワイエ」
地域小規模児童養護施設「ログ・カメリアの丘」
居室構成と担当の持ち方、構成など
グループ担当制
A~Cグループ 学童児童10~12名 職員男女ペア
Dグループ 幼児10~12名 職員5名
地域小規模児童養護施設 各3名
職員の勤務体制
●直接処遇職員
早番 6:15~15:00
遅番 12:15~21:00、13:15~22:00
宿直 13:15~翌15:00 平均 男性週1.5回 女性週1.25回
●間接処遇職員(事務等)
9:00~17:45
●厨房
早番 6:00~14:45
遅番 10:30~19:15

施設の顔

kinderhort001-1

4月も半ばを過ぎ、満開だったホルトの桜も、今は緑の若葉が目立つようになりました。ツバメの巣作りも軒下で始まっています。年度の変わり目は何かと忙しく、あっという間に時は流れてしまいます。昨年は2か所目の地域小規模児童養護施設「ログ・カメリアの丘」が始まりました。周りの皆さんのお力添えもあり、無事一年を過ごすことができ、近所の子どもたちもよく遊びに来てくれます。2月には公益社団法人愛知県看護協会様からのご寄付があり、子どもたちの部屋全てにエアコンを取り付けることが出来ました。また、秋には「年金者の会」の方からのご厚意で自転車小屋が設置できました。新年度から家庭引き取りとなった2名に替わり幼児2名が加わり、また新しい生活がスタートしました。

施設概要

????????????????????????????????????

1985年に創立されたキンダーホルトは今年で創立33年を迎えました。2011年にはそれまでの長久手市丁子田から現在の長久手市琵琶ヶ池に園舎を新築し移転しました。また、33年間で児童養護の社会的な役割も変わり、より家庭的な支援が求められる中で、2005年に隣市の尾張旭市に地域小規模児童養護施設「フォワィエ」を立ち上げ、家庭的養護を推進してきましたが、早いものでもう13年が経ちます。立ち上げの際には様々な苦労がありましたが、今では地域に馴染み、皆落ち着いた生活を過ごしております。本体施設の定員を33名とし、フォワィエ6名、ログ・カメリアの丘6名、計45名として今年度も「こどもの最善の利益」を目指し、施設運営に努めてまいります。

施設の自慢

kinderhort003-1

うまれてきてよかった 
みんなでくらし みんなでそだつ
みんなでつくり みんなでまなぶ
みんなでまもり みんなでいきる
これがキンダーホルトの理念です。これに基づいて大人側が一方的に物事を決めるのではなく、子どもと大人が一緒になって約束事を決めるようにしています。子どもが意見を述べる場として「ホルトをよくする会」があります。話し合う目的や内容によって集まる子どもたちは様々ですが、異年齢の子ども集団の中でも少しずつではありますが相手の気持ちを尊重して意見を言えるようになってきました。取り組みを通じて子ども一人ひとりがキンダーホルトの中で居場所や役割を感じられるようになっていければと思います。キンダーホルトは経験年数の長い職員が多く、また退職した職員の多くが施設を支えてくれています。成人式近くに行なわれる「卒園生の集い」では卒園生が家族連れで参加してくれます。大人も子どももみんなで「うまれてきてよかった」と思え、みんなでつくっていくキンダーホルトであり続けたいと思います。