児童福祉の架け橋

愛知県の児童福祉施設ポータルサイト

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  1. ホーム
  2. 事務局からのお知らせ
  3. 支援の輪が広がっています。

施設レポート

支援の輪が広がっています。

いつも児童福祉の架け橋をご覧頂きまして、ありがとうございます。
事務局の小野です。このホームページを立ち上げて、約2年が立ちました。
ホームページの1日のアクセスは、150〜200名程度。
以前より多くの支援が届くようになっております。

また、必要な物リストを使って、施設やファミリーホームの皆さまに ご支援を頂く方も増えております。ご協力ありがとうございます。 先日、とても嬉しいメールを頂きましたので、ご紹介させて頂きます。 ご支援を繋いだファミリーホーム様からお礼のお手紙が届いたという事で、ご連絡を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨日、ご紹介いただきましたファミリーホームくらちゃんハウス様よりお手紙を頂きました。届いた品々を並べてお子さんたちと撮った写真の コピーも添付されており、とても嬉しく思いました。

ウチの子供たちは既に成人しておりまして、お送りした品々は時代遅れの ものばかりです。中でも、古い上に裏蓋まで欠けているので失礼かと散々迷ったゲーム機は ゲームボーイカラーなんです。 ポケモンシリーズのソフトがいろいろありましたので同梱したのですが、 「この人は神だ」と子供たちが喜んでくれたと伺い、嬉しくもあり、 素直な純粋さに背景も推し量られ、心が詰まりました。

今回は、実家取り壊しに伴い、総ての家財や雑貨を処分しました。
亡き両親が築いたものを受け継げずに手放すのはとても淋しいものがありました。

そんな中で、介護施設と養護施設宛に何か役立てて頂けないか、ネットで探し、 介護施設には父が使っていた様々な介護用品を引き取って頂きましたが、
養護施設はどこも新品、または現金でというのがほとんどでした。

ネットで探しているうちに、色々な事情で物品寄付を考えている方々は意外に
多いことに驚きました。そして、そういった人々が「現金で」という要望に
理解をしつつもガッカリして少し傷ついている様子も…。

送る側、送られる側の相互理解とマナーがもっと広がるといいですね。
『児童福祉の架け橋』さんの活動はとてもすばらしいと思います。
そして、ファミリーホームという存在も!!

もっとネットで一発検索で上がってきたらステキですね。
寄付したい、誰かの力になりたいと思う人の大きな力だと思います。

今回は実家の片付けでしたが、これからクリスマスを目標に、
家の中を整理してみようかなと考えております。
本当にお世話になりました。ありがとうございました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このようなメールを頂きました。
お礼の手紙が届いた事にお礼のメールを頂いた事が無かったので、
私としてもとても嬉しくて掲載の許可を頂き、ご紹介させていただきました。

頂いたメールの中で、誤解の無いように補足させてください。
施設の皆さまは、行政から「子ども達には、欲しがる衣服などを与えてください」
という指導が 入っているという事を聞いた事があります。
また、施設には同年代の子ども達がたくさんいるので、 誰か一人にだけ特別に、
ものをあげるという事も行なっていないそうです。ですからどうしても、
頂けるなら子どもたちの要望を聞いてあげやすい、現金の方がありがたいと
いう事になってしまうのではと私は思います。

言葉だけをそのまま受け取ると、少し残念な思いをされる方もいらっしゃると
思いますが、 そのような背景がある事もご理解を頂ければと思います。

また、今回のマッチングは、運良く成功しましたが、支援品を送られる方は、
必ず事前に支援をしたい施設、ファミリーホームなどに確認を取って頂いてから
ご支援をして頂きますようにお願い致します。

今後もっとたくさんの支援の輪が広がり、多くの子ども達の力になる事を祈っています。
何かいい事があった時に、ぜひ幸せのお裾分けとして何かの支援を届けて頂ければ幸いです。

児童福祉の架け橋 事務局 小野

新着情報

テーマ

月別