児童福祉の架け橋

愛知県の児童福祉施設ポータルサイト

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  1. ホーム
  2. 児童福祉施設一覧
  3. クローバーライト(旧 知多学園 八波寮)

児童福祉施設  定員:24人

社会福祉法人 知多学園

クローバーライト(旧 知多学園 八波寮)

住所
〒479-0825 常滑市山方町6丁目140番地
TEL
0569-47-6877
FAX
0569-47-6878
HP
http://www.chita-gakuen.or.jp/cloverlight/
設立
2021/04/01
最寄りの交通機関
名鉄 常滑線「常滑駅」から徒歩20分、車5分(約2km)
児童構成(2022年4月1日現在 一時保護は含まない)
現員
就学前児童 0 0 0
小学生 10 2 12
中学生 5 0 5
高校生 2 4 6
その他 0 0 0
合計 17 6 23
職員構成(2022年4月1日現在) ( )非常勤
職名 現員 職名 現員
施設長 1 小規模G職員 11
事務員 1 地域小規模職員 0
児童指導員 0(2) 特別指導員 0
保育士 0(1) 指導員特別 0
基幹的職員 0 栄養士 0
家庭支援専門員 1 調理員等 4
里親支援専門員 0 嘱託医 1
個別対応職員 1 看護師 0
心理療法担当職員 1 その他 0(1)
主任 2 自立支援担当職員 1
合計 24(4)
施設形態
小規模グループケア 4ユニット
地域小規模、小規模グループホーム
本体内小規模グループケア(女子ユニットあゆみ、男子ユニットきずな)
分園型小規模グループケア(山方ゆう愛、斧口ゆう愛)
住居構成と担当の持ち方、構成など
ユニット児童6人で、職員3名と調理員1名が子ども達の生活支援をしています。
職員の勤務
早番【 6:00~15:00】 遅番【13:00~22:00】 日勤【 9:00~18:00】
公休【4週8休制】 宿直【毎月4~5回】

施設の顔

新しい社会的養育ビジョンの方針を目指し、クローバーライトは「施設」から「家」へと環境が変化しています。「家庭的養育原則」とはなにか、入所児童たちが、安心、安全な住居に暮らせることはもちろん、児童たちにとってかけがえにない場所になってもらいたいと願っています。
長年、国際協力の現場で開発途上国の貧困撲滅のために仕事をしてきた経験から、人が人として生きる権利は、どれほど私達大人が築きあげていかなければならないか、当施設の児童たちと接しながら、日々施設長として、責任を感じています。
児童にとって、クローバーライトで過ごした日々が、いつか人生の糧になってくれることを心から願い、大切な一人ひとりの成長を見守っていきたいと考えています。

施設概要

クローバーライトは、知多学園八波寮の70年の歴史を経て、2021年(令和3年)4月に施設移転をし、それに伴い、『八波寮』から『クローバーライト』に施設名を変更しました。

クローバーライトの基本理念である「個を尊重し、個を活かし、個を伸ばす」を実践するために、子ども達がのびのびと家庭的な雰囲気で生活ができるように支援していきます。

沿革
昭和29年 八波寮 開設
昭和41年 社会福祉法人 知多学園 認可
平成20年 地域小規模児童養護施設 瀬木ホームゆう愛 開設
平成31年 瀬木ホームゆう愛 移転に伴い、「山方児童ホームゆう愛」に名称変更
令和 3年 八波寮 移転に伴い、「クローバーライト」に名称変更
分園型小規模グループケア「斧口(よきぐち)児童ホームゆう愛」 開設

施設の自慢

クローバーライトでは、職員がコーチとなり、ソフトボールやフットサルなどスポーツ活動に力を入れています。また、野球やサッカー、バドミントンなど、地域のスポーツチームに所属している子ども達も多くいます。基礎体力を向上させることや、地域の方々との関わりの中で、社会性の向上を目指しています。その他にも、各季節の行事や招待行事に参加しています。地域のお祭りや清掃活動にも積極的に参加して、地域との交流に努めています。